きまぐれお取り寄せ

人気のあの人が使ってる愛用グッズのご紹介

【アメトーーク!】本屋で読書芸人2023で紹介された芸人さんおすすめ書籍を全紹介!「2023年4月20日放送」

 記事内に商品プロモーションを含む場合がございます。

参照:アメトーーク公式ツイッター

2023年4月20日、テレビ朝日系の人気バラエティ番組「アメトーーク!」で【本屋で読書芸人】が放送されました。放送で紹介された書籍は品切現象が起こるほどの人気企画。

今回は、Aマッソ・加納さん、ラランド・ニシダさん、ヒコロヒーさん、ビビる大木さん、カモシダせぶんが出演され、それぞれが紹介された書籍を全てまとめていきます!新しい書籍を探している方はぜひチェックしてください!

Aマッソ・加納さんおすすめ本 7冊

僕の心臓は右にある

作者 大城文章(チャンス大城)
出版社 朝日新聞出版
価格 Kindle版(電子書籍):¥1,350
単行本:¥1,350
あらすじ

いじめられっ子だった尼崎時代、東京での地下芸人時代、チャンス大城がはじめて語る、あなたの想像を超えてくる実話。

テクニックに長けたお笑いを魅せる芸人が多いなか、「このひとなんだ!?また見たい!」と思わせる男。彼の常軌を超えた発想と行動はどこから来るのか?とんでもない人生なのに、読むとなぜか元気になる。笑って泣ける、赤裸々すぎる半生記。

\ Aマッソ・加納さんおすすめの一冊 /

君のクイズ

作者 小川哲
出版社 朝日新聞出版
価格 Kindle版(電子書籍):¥1,350
単行本:¥1,540
あらすじ

生放送のTV番組『Q-1グランプリ』決勝戦に出場したクイズプレーヤーの三島玲央は、対戦相手・本庄絆が、まだ一文字も問題が読まれぬうちに回答し正解し、優勝を果たすという不可解な事態をいぶかしむ。いったい彼はなぜ、正答できたのか?真相を解明しようと彼について調べ、決勝戦を1問ずつ振り返る三島はやがて、自らの記憶も掘り起こしていくことになり――。

読めば、クイズプレーヤーの思考と世界がまるごと体験できる。人生のある瞬間が鮮やかによみがえる。そして読後、あなたの「知る」は更新される!「不可能犯罪」を解く一気読み必至の卓抜したミステリーにして、エモーショナルなのに知的興奮に満ちた超エンターテインメント!

\ Aマッソ・加納さんおすすめの一冊 /

おいしいごはんが食べられますように

作者 高瀬隼子
出版社 講談社
価格  Kindle版(電子書籍):¥1,463
単行本:¥1,540
あらすじ

「二谷さん、わたしと一緒に、芦川さんにいじわるしませんか?」

心をざわつかせる、仕事+食べもの+恋愛小説。職場でそこそこうまくやっている二谷と、皆が守りたくなる存在で料理上手な芦川と、仕事ができてがんばり屋の押尾。ままならない微妙な人間関係を「食べること」を通して描く傑作。

\ Aマッソ・加納さんおすすめの一冊 /

笑うな (新潮文庫)

作者 筒井康隆
出版社 新潮社
価格 単行本:¥649
あらすじ

タイム・マシンを発明して、直前に起った出来事を眺める「笑うな」など、ユニークな発想とブラックユーモアのショートショート集。

\ Aマッソ・加納さんおすすめの一冊 /

嫌いなら呼ぶなよ

作者 綿矢りさ
出版社 河出書房新社
価格 単行本:¥1,540
あらすじ

「一応、暴力だろ。石でも言葉でも嫌悪でも」。妻の親友の家に招かれた僕。だが突然僕の行動をめぐってミニ裁判が始まり……心に潜む“明るすぎる闇“に迫る綿矢りさ新境地!全4作収録

\ Aマッソ・加納さんおすすめの一冊 /

アホウドリの迷信 現代英語圏異色短篇コレクション

作者 岸本佐知子
出版社 スイッチ・パブリッシング
価格 単行本:¥2,640
あらすじ

翻訳家・岸本佐知子と柴田元幸が贈る、海外短篇小説アンソロジー。日本にまだあまり紹介されていない英語圏の8作家による10篇を精選。対談「競訳余話」も収録。

\ Aマッソ・加納さんおすすめの一冊 /

文豪たちの悪口本

作者 彩図社文芸部
出版社 彩図社
価格 単行本:¥1,290
あらすじ

文豪と呼ばれる大作家たちは、悪口を言うとき、どんな言葉を使ったのだろうか。そんな疑問からできたのが、本書『文豪たちの悪口本』です。

川端康成に「刺す」と恨み言を残した太宰治、周囲の人に手当たりしだいからんでいた中原中也、女性をめぐって絶交した谷崎潤一郎と佐藤春夫など、文豪たちの印象的な悪口エピソードを紹介しています。

\ Aマッソ・加納さんおすすめの一冊 /

ラランド・ニシダさんおすすめ本 8冊

教育

作者 遠野遥
出版社 河出書房新社
価格  Kindle版(電子書籍):¥1,672
単行本:¥1,760
あらすじ

一日三回以上オーガズムに達すると成績が上がりやすいとされていて――。勝てば天国、負ければ地獄の、規律と欲望が渦巻く学校。私の幸せは、正しいのか? 人間の倫理を問う、芥川賞受賞第一作初長篇。

\ ラランド・ニシダさんおすすめの一冊 /

ケチる貴方

作者 石田 夏穂
出版社 講談社
価格 単行本:¥1,650
あらすじ

「冷え性」と「脂肪吸引」。いま文学界が最も注目する才能が放つ身体性に根差した問題作!

私は寒いとき必死だ。こんなにも必死なのに、何故この身体は頑なに熱を生産しないのだろう。骨と皮ならまだしもお前はエネルギーの塊じゃないか。私の代謝機能よ。この身体を温める薪ならここに山のようにあるよ。頼むからケチらず使ってくれないか。

\ ラランド・ニシダさんおすすめの一冊 /

悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集 (岩波文庫)

作者 コルタサル(著),木村栄一(翻訳)
出版社 岩波書店
価格 単行本:¥858
あらすじ

夕暮れの公園で何気なく撮った一枚の写真から,現実と非現実の交錯する不可思議な世界が生まれる「悪魔の涎」.薬物への耽溺とジャズの即興演奏のなかに彼岸を垣間見るサックス奏者を描いた「追い求める男」

\ ラランド・ニシダさんおすすめの一冊 /

とんこつQ&A

作者 今村夏子
出版社 講談社
価格 単行本:¥1,650
あらすじ

大将とぼっちゃんが切り盛りする中華料理店とんこつで働き始めた「わたし」。「いらっしゃいませ」を言えるようになり、居場所を見つけたはずだった。あの女が新たに雇われるまでは――

人間の取り返しのつかない刹那を描いた4篇を収録、待望の最新作品集!

\ ラランド・ニシダさんおすすめの一冊 /

ミライの源氏物語

作者 山崎ナオコーラ
出版社 淡交社
価格 単行本:¥1,760
あらすじ

社会の在り方に長く向き合ってきた作家・山崎ナオコーラさんが、深く愛する古典「源氏物語」について、現代人ならではの読み方を考えます。より現代的な訳を目指した「ナオコーラ訳」も読みどころのひとつ。

【ルッキズム、ロリコン、不倫。拭えない違和感を人気作家・山崎ナオコーラがときほぐす、現代人のための「源氏物語」エッセイ。】

\ ラランド・ニシダさんおすすめの一冊 /

あなたのための短歌集

作者 木下龍也
出版社 ナナロク社
価格 単行本:¥1,870
あらすじ

歌人・木下龍也さんが「お題」を受けて作歌する、短歌の個人販売プロジェクトが一冊の本になりました。これまで作歌した700首の中から「100題100首」を収めています。歌人がひとりの想い(お題)と向き合うことで生まれた短歌が詰まった歌集です!

\ ラランド・ニシダさんおすすめの一冊 /

人間の建設 (新潮文庫)

作者 小林秀雄(著),岡潔(著)
出版社 新潮社
価格 単行本:¥506
あらすじ

世界的天才数学者とあの小林秀雄による史上最強の雑談。酒の味から、アインシュタインまで。

有り体にいえば雑談である。しかし並の雑談ではない。文系的頭脳の歴史的天才と理系的頭脳の歴史的天才による雑談である。

\ ラランド・ニシダさんおすすめの一冊 /

建築知識2022年5月号

出版社 エクスナレッジ
価格 単行本:¥1,398
あらすじ

分かりやすい立体イラストとともに、建物の種類ごとに特徴的な「用語」を徹底解説します!用途・構造ごとに異なる部位や仕上げ、家具・什器、法規制などの用語はもちろん、最新の家具・設備や納まり、設計手法についても網羅。

初めて実務に携わる設計者から、知識のアップデートを図りたいベテラン設計者まで、さらにはイラストや漫画、背景、小説、ゲームなど、創作の資料としても役に立つこと間違いなし!

\ ラランド・ニシダさんおすすめの一冊 /

ヒコロヒーさん おすすめ本 8冊

宇宙人と出会う前に読む本 全宇宙で共通の教養を身につけよう (ブルーバックス)

作者 高水 裕一
出版社 講談社
価格  Kindle版(電子書籍):¥1,110
 単行本:¥1,100
あらすじ

「あなたはどこから来ましたか?」さまざまな惑星の宇宙人が集う社交の場で、もしそう尋ねられたら、あなたならどう答えますか?「地球から来ました」など論外で、失笑を買うこと確実です。ではなんと答えればよいのでしょう?

惑星際宇宙ステーションに地球チームの一員として乗り込んだあなたが、そこで遭遇する宇宙人が繰り出すさまざまな突拍子もない質問に答えていくうちに、宇宙で本当に必要な科学知識とは何か、宇宙的思考法とはどういうものかが、自然とわかってくるように構成されています。

\ ヒコロヒーさんおすすめの一冊 /

掃除婦のための手引き書 ――ルシア・ベルリン作品集 (講談社文庫)

作者 ルシア・ベルリン
出版社 講談社
価格 単行本:¥990
あらすじ

毎日バスに揺られて他人の家に通いながら、ひたすら死ぬことを思う掃除婦(「掃除婦のための手引き書」)。道路の舗装材を友だちの名前みたいだと感じてしまう、独りぼっちの少女(「マカダム」)。

波乱万丈の人生から紡いだ鮮やかな言葉で、本国アメリカで衝撃を与えた奇跡の作家。大反響を呼んだ初の邦訳短編集。

\ ヒコロヒーさんおすすめの一冊 /

その昔、N市では

作者 マリー・ルイーゼ・カシュニッツ
出版社 東京創元社
価格 単行本:¥2,200
あらすじ

ある日突然、部屋の中に巨大な鳥が現れる「ロック鳥」、旅行から帰ったら、自分が死んだと知らせてきた女がいたという話を聞く「六月半ばの真昼どき」など...

日常に幻想が忍び込み、人間心理の恐さが背筋を震わせる。戦後ドイツを代表する女性作家の粋を集めた、本邦初訳7作を含む全15作の傑作短編集!

\ ヒコロヒーさんおすすめの一冊 /

権力に翻弄されないための48の法則 上 (フェニックスシリーズ)

作者 ロバート・グリーン
出版社 パンローリング
価格 単行本:¥1,760
あらすじ

■刑務所図書館貸出ランキング第1位

歴史上のとくに傑出した戦略家(孫子、クラウゼヴィッツ)、政治家(ビスマルク、タレーラン)、外交官(マキャベリ)廷臣(カスティリョーネ、グラシアン)、色事師(ニノン・ド・ランクロ、カザノヴァ)、詐欺師(「イエロー・キッド」ことジョゼフ・ウェイル)などから、含蓄のある言葉を集め、そのエッセンスを蒸留してできたものである。

\ ヒコロヒーさんおすすめの一冊 /

短歌ください (角川文庫)

作者 穂村弘
出版社 KADOKAWA
価格 単行本:¥616
あらすじ

本の情報誌『ダ・ヴィンチ』の投稿企画「短歌ください」に寄せられた短歌から、人気歌人・穂村弘が傑作を選出。鮮やかな講評が短歌それぞれの魅力を一層際立たせる。言葉の不思議に触れる実践的短歌入門書。

\ ヒコロヒーさんおすすめの一冊 /

家庭用安心坑夫

作者 小砂川チト
出版社 講談社
価格 単行本:¥1,540
あらすじ

夫との平穏にみえる家庭に漠然とした不安を抱えた専業主婦小波が、ある日、日本橋三越の柱に、幼いころ実家に貼ったはずのシールがあるのを見つけたところから物語は始まる。

現実・日常と幻想・狂気が互いに浸蝕し合いながら、人間の根源的恐怖に迫っていく作品。

\ ヒコロヒーさんおすすめの一冊 /

西部戦線異状なし (新潮文庫)

作者 レマルク
出版社 新潮社
価格 単行本:¥825
あらすじ

自己の体験をもとに第一次大戦における一兵士ボイメルとその戦友たちの愛と死を描いた本書は、人類がはじめて直面した大量殺戮の前で戦慄する様を、リアルに文学にとどめたものとして、世界的反響を呼び起こした。

\ ヒコロヒーさんおすすめの一冊 /

くもをさがす

作者 西 加奈子
出版社 河出書房新社
価格  Kindle版(電子書籍):¥1,386
単行本:¥1,540
あらすじ

『くもをさがす』は、2021年コロナ禍の最中、滞在先のカナダで浸潤性乳管がんを宣告された著者が、乳がん発覚から治療を終えるまでの約8 ヶ月間を克明に描いたノンフィクション作品。

カナダでの闘病中に抱いた病、治療への恐怖と絶望、家族や友人たちへの溢れる思いと、時折訪れる幸福と歓喜の瞬間――。切なく、時に可笑しい、「あなた」に向けて綴られた、誰もが心を揺さぶられる傑作です。

\ ヒコロヒーさんおすすめの一冊 /

ビビる大木さん おすすめ本 7冊

渋沢家三代 (文春新書)

作者 佐野 眞一
出版社 文藝春秋
価格 単行本:¥946
あらすじ

日本資本主義を生んだ栄一、それを引継いだ敬三、その狭間で廃嫡の憂き目にあった篤二。大宅賞作家が新資料を得て三代の謎を解く

\ ビビる大木さんおすすめの一冊 /

ディズニーランドが日本に来た! 「エンタメ」の夜明け (講談社+α文庫)

作者 馬場康夫
出版社 講談社
価格  Kindle版(電子書籍):¥770
単行本:¥1,500
あらすじ

小谷正一氏、堀貞一郎氏という2人のプロデューサーを軸に、日本のエンターテインメントビジネスの草創期から、東京ディズニーランド誕生までを追うノンフィクション。

2人が魅せられた、ウォルト・ディズニーという巨人にもスポットを当てながら、究極のテーマパーク招致に奔走し、成し遂げるまでを描きます。

\ ビビる大木さんおすすめの一冊 /

砂まみれの名将 野村克也の1140日

作者 加藤弘士
出版社 新潮社
価格 単行本:¥1,650
あらすじ

阪神の指揮官を退いた後、野村克也にはほとんど触れられていない「空白の3年間」があった。

シダックス監督への転身、都市対抗野球での快進撃、「人生最大の後悔」と嘆いた采配ミス、球界再編の舞台裏、そして「あの頃が一番楽しかった」と語る理由。当時の番記者が関係者の証言を集め、プロ復帰までの日々に迫るノンフィクション。

\ ビビる大木さんおすすめの一冊 /

辺境の路地へ

作者 上原善広
出版社 河出書房新社
価格 単行本:¥1,815
あらすじ

北海道から沖縄まで、辺境、路地裏の体験ルポ。やり手のおばちゃん、行きずりのおねえさん…ぎりぎりの生の声が聞こえる実話集。

\ ビビる大木さんおすすめの一冊 /

わが夫 坂本龍馬

作者 一坂 太郎
出版社 青志社
価格 単行本:¥1,210
あらすじ

龍馬はそれはそれは妙な男でして…二人は危険で魅力的な不良カップル!はみ出し者夫婦の熱い日々――

龍馬の実像に迫った妻の熱き口伝!英雄や偉人とは違う等身大の龍馬とおりょうがここにいる。

\ ビビる大木さんおすすめの一冊 /

中濱万次郎―「アメリカ」を初めて伝えた日本人

作者 中濱 博
出版社 冨山房インターナショナル
価格 単行本:¥3,080
あらすじ

万次郎曾孫の著者しか知りえない手紙や日記、 豊富な資料をもとにその波乱の生涯を描く‼ 日本の夜明けに大活躍した先覚者の伝記。 開国一五〇年の節目の年の記念碑的一冊‼

\ ビビる大木さんおすすめの一冊 /

西郷隆盛の首を発見した男 (文春新書)

作者 大野 敏明
出版社 文藝春秋
価格 単行本:¥1,045
あらすじ

西郷の首を発見した男の一代記西郷隆盛の首の行方は幾多の伝説や謎を生んできた。金沢で発見された軍人の履歴書。この筆者こそ西郷の首を発見した男である。

\ ビビる大木さんおすすめの一冊 /

カモシダせぶんさん おすすめ本 8冊

5A73

作者 詠坂 雄二
出版社 光文社
価格 単行本:¥2,200
あらすじ

関連性不明の不審死の共通項は身体に残された「暃」の字。それは、存在しないにも拘わらず、パソコン等では表示されるJISコード「5A73」の文字、幽霊文字だった。
刑事たちが、事件の手掛かりを探る中、新たな死者が……。この文字は一体何なんだ?

\ カモシダせぶんさんおすすめの一冊 /

ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)

作者 トーマス トウェイツ
出版社 新潮社
価格 単行本:¥935
あらすじ

トースターをまったくのゼロから、つまり原材料から作ることは可能なのか? ふと思い立った著者が鉱山で手に入れた鉄鉱石と銅から鉄と銅線を作り、じゃがいものでんぷんからプラスチックを作るべく七転八倒。

\ カモシダせぶんさんおすすめの一冊 /

芥川龍之介全集〈1〉 (ちくま文庫)

作者 芥川 龍之介
出版社 筑摩書房
価格 単行本:¥880
あらすじ

全小説・全評論・紀行・詩歌などを8巻に収めた文庫版初の全集。第1巻には「鼻」「羅生門」「芋粥」など26篇を収録。解説=中村真一郎

\ カモシダせぶんさんおすすめの一冊 /

菓の辞典

作者 長井史枝
出版社 雷鳥社
価格 単行本:¥1,650
あらすじ

ラムセス3世が楽しんだであろうBC時代のものから、近現代のティラミスやパフェまで。約130種の西洋菓子の起源と痕跡を探り、描きおろしイラスト約100点とともに紹介します。

\ カモシダせぶんさんおすすめの一冊 /

闇祓

作者 辻村 深月
出版社 KADOKAWA
価格 単行本:¥1,870
あらすじ

「うちのクラスの転校生は何かがおかしい――」クラスになじめない転校生・要に、親切に接する委員長・澪。しかし、そんな彼女に要は不審な態度で迫る。唐突に「今日、家に行っていい?」と尋ねたり、家の周りに出没したり……。

ヤバい行動を繰り返す要に恐怖を覚えた澪は憧れの先輩・神原に助けを求めるが――。

\ カモシダせぶんさんおすすめの一冊 /

東大に名探偵はいない

作者 市川 憂人 (著), 伊与原 新 (著), 新川 帆立 (著)
出版社 KADOKAWA
価格 単行本:¥1,815
あらすじ

東大卒&東大生作家による「東大ミステリ」アンソロジー!

\ カモシダせぶんさんおすすめの一冊 /

ももたろう (笑本おかしばなし)

作者 ガタロー☆マン
出版社 誠文堂新光社
価格 単行本:¥1,290
あらすじ

ギャグマンガ界の鬼才中の鬼才!マンガ家デビュー30周年を迎えた漫☆画太郎が、「ガタロー☆マン」として本気で描く、子ども向け笑本(えほん)シリーズ刊行。子どもも大人も、一緒に笑って楽しめるまったくあたらしい昔話。

\ カモシダせぶんさんおすすめの一冊 /

三体0【ゼロ】 球状閃電

作者 劉 慈欣 (著), 大森 望 (翻訳), 光吉 さくら (翻訳)
出版社 早川書房
価格 単行本:¥2,200
あらすじ

激しい雷が鳴り響く、14歳の誕生日。その夜、ぼくは別人に生まれ変わった――両親と食卓を囲んでいた少年・陳(チェン)の前に、それは突然現れた。

壁を通り抜けてきた球状の雷(ボール・ライトニング)が、陳の父と母を一瞬で灰に変えてしまったのだ。自分の人生を一変させたこの奇怪な自然現象に魅せられた陳は、憑かれたように球電の研究を始める。

\ カモシダせぶんさんおすすめの一冊 /

本日は、テレビ朝日系の人気バラエティ番組「アメトーーク!」【本屋で読書芸人】で紹介された本をまとめさせていただきました。

気になる作品が見つかっていれば幸いです。「次なに読もうかなと?」とお悩みの方はぜひアトーーク!で紹介された作品を参考にしてください。

 

関連記事